WEBデザイナーを目指す人たちへ。僕がデザイン力を身につけるために学んだ方法を伝えます。-Photoshop編-

Webデザイン

こんばんわ。

平昌オリンピック、羽生結弦選手が金メダル獲りましたねー!!おめでとうございます!!

彼は小児喘息を患っている中努力を重ねて喘息を克服し、さらに金メダルまで獲得してしまうなんて・・!

素晴らしいですね。僕も実は気管支喘息を患っていたのですが、サッカーを始めたことで徐々に症状が治っていきました。

ただ最近は運動不足気味でちょっと走っただけですぐ息切れしてしまうので、もう少し暖かくなったらランニングとか始めようかと思っています。

というわけで、今回はWEBデザイナーを目指す人たちへ、僕がデザイナーでお給料をもらえるようになる為に行った事を紹介します。

まずはツールを購入!

デザインソフトが無いと何も始まらないので、Adobeのアプリケーションを導入しましょう。

まずはPhotoshopとillustratorがあれば良いかな。これはマスト!

AdobeIDを登録して、購入したオンラインコードを入力してインストール!

これで準備は完了です。

ちなみに僕の経験上では職場のPCは大体Windowsだったので、ツールをインストールしたらWindowsでデザイン作成について

勉強しておくと良いと思います。

始めに勉強しておくのはPhotoshop!

photoshopの使い方はまず初めにマスターできるように頑張りましょう。

始めにショートカットキーの設定を行い、自分のワークスペースの環境を整えてください。

今回はざっくり概要だけの説明ですが、細かい操作についてや基本的なツールの使い方については別で記事にしようかなと思っています。

ツールの使い方だけでいうと下記のような本を買って読むとすごく勉強になります。

読んでみて、実際にPhotoshopで試してみてください。

とにかく摸写!!

環境設定が完了したら、今度はとにかく摸写を行います!!

これが一番大事なんです!!

デザイナーを目指しているときって自分だけのオリジナリティを出したいとか、

かっこいい・かわいいでデザインを作ってみたい!とかって思ってしまいがちですが、

初めからイケてるデザインが作れるわけがありません。

始めは世に出ているたくさんのWEBサイトを見て、キャプチャーを撮ってPhotoshopに取り込み、

ひたすら同じデザインを真似してつくるのです。

僕は色々なwebデザインまとめサイトをブックマークしておき、まとめサイトの中から一つデザインをピックアップして

摸写をしてました。始めは摸写していくうちにツールの使い方やレイヤー効果の使い方を覚えていくのですが、そのあとはスピードを

意識して摸写をしていきます。ただ初めは全く同じデザインに摸写ができていることを目標に頑張ってみることです。

1PXのズレまでこだわってデザイン摸写してみてくださいね。

ちなみに僕がブックマークしているデザインまとめサイトの一部をご紹介します。

Web Design Search ウェブデザインサーチ

僕はこのサイトをよく見ます。

優れたwebデザインのほかにも制作に役立つ情報などのリンクが設置されていて、効率的に情報収集ができています。

io3000

io3000

このサイトも摸写を行うときはよく見ています。

毎日新しいwebデザインが更新されているので、トレンドを常に追いかけなければならないデザイナーにとってはとてもありがたいサイトです。

WEBデザインギャラリー

web-design-gallery

これは宣伝です。笑

僕の運営しているサイト内にもwebデザインギャラリーコンテンツを展開しています。

他のデザインまとめサイトとは少し違った観点で紹介したかったので、

紹介しているデザインについて自分が感じたこと、思ったことを記載して紹介しているようにしています。

今後もどんどん更新していく予定ですので、こちらもよろしくです。

最後に

今回はデザイン力を身につけるための基本となる「デザイン摸写」について紹介しました。

これは僕が初めて入社したweb制作会社で各先輩方から耳にタコができるほど言われてきた練習法です。

ちなみに僕は毎週摸写の宿題を出されてました。

ただ摸写していくうちに、なんでこの表現にしたのだろう?とか、どうやってこのアイコンを作ったのだろう?とか、なんでこの色合いなのだろう?とか

色々考えるようになって、興味、そして考えることによって知識が深まっていきますよ。

あと今のデザイナーはプログラミング・コーディングもできて当たり前の時代になってきています。

ゆくゆくはフリーランスもかんがえている・・!

なんて人も学んでおいて損はないので、下記のようなスクールもチェックしておくと良いです。

ぼくもスクールには通いましたが(オンラインスクールも含む)、まずは無料体験レッスンから始めてみると、

ハードルも下がるし自分に合った勉強法が見つけられて良いと思います。




それではまた次の更新で!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました