Webデザイナーになるには資格があると有利?結論:現場では必要性なし。

Webデザイナーになるには資格があると有利?結論:現場では必要性なし。Webデザイン

Webデザイナーを目指している人達からたまに聞くのがWebデザイナーに資格は必要なのか?という事です。

特に、WebデザインスクールとかでよくあるPhotoshop検定等の受講をしたほうが良いか迷っている人もいます。

そこで今回はWebデザイナーの資格が必要・不要の話についてたいと解説したいと思います。

  • Webデザイナーになるには資格があったほうが有利なの・・?
  • Webデザイナーになる為に資格を取得しようと思っているのだが、どんな資格を取得すればよいかわからない。

こんな疑問に答えます。

 本記事の内容

Webデザイナーにとって資格が必要かを解説しています。

Webデザイナーになるには資格があると有利?必要性は?

結論から言いますと、Webデザイナーになるのにこれと言って資格は必要無いです。

資格があることで、自分が勉強してきたことをアピールは出来ますが、実際にWebデザイナーとして働くひとに求めらるのは、今までの制作物や実案件の成果、アウトプットを重要視されます。

資格があったとしても、アウトプットや成果物が無いのであれば、あまり評価の対象にはなりません。
あくまで実力主義の世界なので、たくさんデザインしてきた人が有利になります。

Webスクールや専門学校で資格を取らせてもらえるコースがあったりもしますが、殆どの資格は無意味だと思っています。

実際にWebデザイナーとして賞を取ったりして活躍している人であっても、資格を持っていない人もたくさんいます。

それでも技術力で信頼を勝ち取って、仕事を受注しているわけですね。

なので、僕はWebデザイナーには特別資格は必要ないと主張できます。

僕の周りのWebデザイナーの人も資格を持っている人ももちろんいますが、実務では特に役立っていないと言っていました。

ただし一部の資格は持っていても良いと思う資格がありますので、それは追って紹介したいと思います。

Webデザイナーの資格の種類は?

それではWebデザイナーになるために皆が取得しようとしている、
世間のWebデザインスクールや専門学校で紹介されている資格を紹介したいと思います。

・ウェブデザイン技能検定
・Photoshopクリエイター能力認定試験
・Webクリエイター能力認定

上記のような資格は結構有名で受験される方も多いようです。
資格自体を否定するつもりもないし、実際勉強した分だけ力になるので資格取得に向けて頑張る事は良いことだとおもいます。

ですが、

これらのスキルは未経験であっても実際にWeb業界に就職してしまえば実務の中で嫌でも覚えて習得することになります。

そのため、資格取得の為に勉強するよりは、いち早くWeb制作の世界で実務が出来るようにたくさん自分のデザインを生み出してポートフォリオを作るほうが有意義だと考えます。

僕自身もWeb制作会社に入社してからとにかく毎日デザインの訓練とWebサイトの構築について、クライアントが求めるニーズについて、マーケティングについてなど実務内で幅広く勉強させてもらいました。
しかも、お給料をもらいながらです。

なので、資格取得しても良いのですが、個人的にはいち早く実務の現場に足を踏み入れる事に注力することをおすすめします。

僕が実務で学んだ書籍

Webデザイン
Webリテラシー
情報設計

Webデザイナーでも持っていると良い資格

資格の必要性について、あまり重視していないのですがあえて資格として持っておくと良いものをピックアップして紹介したいと思います。

上級Web解析士資格

上級Web解析資格は僕も取得しましたが、あると有利な取得になります。

Web解析士なのでWebデザインと直接的な関係は薄いですが、Web設計やマーケティングの知識、
サイト分析や広告について等広く深く体系的に知識を習得出来ます。

この資格があることで、名刺にも記載できますし、上級Web解析士同士のコミュ二ティにも入れます。
価値ある情報収集が可能になるわけですね。

Web戦略のコンサルなども出来るようになりますし、こういったWebマーケティング系の知識を持ったWebデザイナーは差別化されて市場価値がかなり高まります。

色彩検定

色彩検定とは色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。

色彩検定を勉強することで、色のもつ効果や理論・心理的効果まで幅広く知識を習得することができるので、実際のWebデザインにおいても役立ちます。

なぜ、この色彩を使ったデザインなのか。というのを説明出来るようになりますし、彩度や明度・トーンについてもWebデザインではかなり多用するので色彩感覚を養うという意味では取得しておいて良い資格です。

論理的にデザインが説明できるようになるのはスキルの高いWebデザイナーの共通する特徴です。

Google アナリティクス個人認定資格

アナリティクスの検定はGoogleが提供している資格になります。
資格取得にお金はかからず、無料です。

GoogleアナリティクスはWeb業界では必ず取って良いほど登場するツールになります。

アクセス解析を元に、新たなデザイン案を提案出来るWebデザイナーは重宝されますし、市場価値が高まります。

デザインだけでは無くて分析から課題抽出、問題解決の為のデザインができるようになるので、アナリティクスの資格は持っていても損は無いですね。

 

という訳で、今回はWebデザイナーに資格は必要なのか?というテーマで解説をさせていただきました。

結論は、実務の中で叩き上げで学ぶことの方が多いので、資格取得の為に時間とお金を注ぐよりもたくさん手を動かしてアウトプットを増やすことをおすすめします。

あえて、資格取得を進めるのであればWeb解析士や色彩検定は持っていても良いかと思います。

この記事が少しでも参考になってもらえたら嬉しいです。それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました