【Webディレクターの1日】在宅勤務の仕事内容について紹介します。

【Webディレクターの1日】在宅勤務の仕事内容について紹介します。Webディレクション

こんにちは。Yukkyです。

今回は【Webディレクターの1日】在宅勤務の仕事内容というテーマに沿って記事を書いていきたいと思います。

昨今では、リモートワークとかテレワークとか在宅勤務といった働き方に余儀なくシフトチェンジしてきていますが、Webマスター・Webディレクターとして勤務している僕も例外ではなく在宅勤務をしています。

この在宅勤務にもだいぶ慣れてきたので、具体的にWebディレクターが在宅勤務でどのような仕事をしているのか、とある1日を例にして紹介したいと思います。

これからIT関係やWeb関係の仕事に転職を考えている人や、就職しようと考えている人がいれば在宅勤務のメリットとWebディレクターの仕事内容について少しでも参考になっていただけると嬉しいです。

Webディレクターの在宅勤務内容について

では具体的にWebディレクターのとある1日のスケジュールを紹介していきます。
フレックス勤務なので、私の場合は朝ゆっくりめで10時出社としています。
もちろん他の人は朝9:00から勤務している人もいます。

仕事内容:1日の流れ

Webディレクターのとある1日の在宅勤務
  • AM 10:00
    出勤連絡とメールチェック

    まずは10:00に勤怠報告をして、メールとチャットをチェックするところから初めます。
  • AM 10:30
    1日のタスク確認

    メールやチャットの確認が一通り済んだら、自分の1日のタスクを確認します。
    その後に、デザイナーやコーダーなどのタスク状況をバックログというプロジェクト管理ツールで確認します。案件の進捗確認やPJの進捗確認を行います。
  • AM 11:00
    ミーティング

    30分間、現在進めている施策について関係者を集めて要件の確認や進捗確認のMTGを行います。
    ちなみに、進めている施策や案件は1つ2つでは無いので、1日に複数回、色々な案件のMTGがセットされます。
  • AM 11:30
    チャットやメールの返信
    メールとチャットの連絡を一通り返信します
  • AM 11:45
    ランチ

    少し早めのランチです。私の家の近くにはそこそこ飲食店が立ち並んでいるので、最近はテイクアウトしています。
  • PM 12:45
    ワイヤーフレームの作成

    これから始まる施策に関するページのワイヤーフレームを作成します。
    情報設計もWebディレクターの仕事です。
  • PM 14:00
    デザイナーとMTG
    デザイナーや他のディレクター含め案件の進捗確認MTGと指示出しを行います。
  • PM 14:30
    資料作成

    すでに行ったキャンペーンの結果の分析を行ったり取りまとめを行い、資料化します。
  • PM 16:00
    サイト検証

    新しく公開するコンテンツの公開前検証を行います。この段階で修正があったら制作チームに返します。
  • PM 17:00
    チームMTG

    部署・チームでのMTGを行い共有事項をお互い把握する時間です。
  • PM 18:00
    案件アサインとメール確認

    新しく始まる施策のデザイナー・コーダーのアサインと案件依頼を行い、その日のタスクの消化を確認し、最後にメールをチェックして本日の業務は終了です。
  • PM 19:00
    退勤連絡

    この日は残業をしないで業務終了!

といった、上記の流れで一日の業務を行います。
在宅勤務なので基本的にMTGはテレビ会議、または通話になりますが特に不具合・問題は感じません。
むしろ、一人で集中出来る時間もあるので在宅勤務は仕事がしやすいとも思っています。

Webディレクターの仕事内容は在宅勤務であっても変化なし

たとえ在宅勤務であっても通常勤務している時と仕事内容は全く変わりません。
Webディレクターの業務としては、案件の進捗確認や人員の調整、成果物の管理や情報設計、費用の管理などがあります。この業務内容すべてにおいて在宅勤務で問題なく遂行できます。
セキュリティもしっかりしているので、特に心配なく仕事ができています。

あ、ただしネットワーク環境については個人の環境に依存するので、一概に快適とは言い切れませんが、僕はWimaxのWifiを買い替えてから回線のスピードも安定していて快適に仕事ができています。

在宅とオフィス出社の違いを強いて言うとしたら、直接顔を合わせることがなくなっているので、簡単な口頭でのコミュニケーションがなくなっているくらいですね。雑談とか(笑)
ただ、チャットもあるので、情報共有とかはこまめにやってます。

Web業界・IT業界は在宅勤務を積極的に取り入れている

僕みたいにWebサイト運用や制作業務を行っている会社以外にも、IT業界はエンジニアやデザイナー、ディレクターやPMも含め在宅勤務を取り入れている会社は結構あります。

僕も初めは在宅勤務で働くつもりで現会社に入社したわけではないですが、いざ在宅勤務が必要になった時に手早く切り替えられるのはIT・WEB業界の強みだと思っています。
極端な話、パソコン1台とネットワーク環境さえあればどこでも仕事ができます。

もし、この記事をみている人の環境が在宅勤務ができないとか、全くの異業種であったとしても少しだけIT・Web業界にも興味を持ってもらえると嬉しいです。

この先ITの技術はどんどん進化していきますしとてもやりがいのある仕事です。
というわけで、今回は【Webディレクターの1日】在宅勤務の仕事内容について紹介しました。
それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました